トイプードル しつけのコツ

失敗しない!トイプードルのしつけ方

室内犬(トイプードル)のしつけ方は大丈夫?

その愛くるしい姿や立ち振舞いだけでなく、しつけのしやすさからも飼い主さんに人気となっているのがトイプードルです。でも、トイプードルの好奇心旺盛で人懐っこい性格は悪い方向に向かうといくつかの問題行動をおこしやすくさせてしまいます。

 

できるなら子犬時代からしっかりとしつけ・トレーニングを行ってあげてくださいね。

 

このページでは特にはじめてトイプードルと生活するという飼い主さんを対象にトイプードルをしつける際のコツや注意点などをお伝えさせていただきます。


トイプードルのしつけの必要性は? 

トイプードルはたとえばそうですね。ボーダー・コリーやジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリバーなどとならんで非常に賢い犬種だと言われています。飼い主さんにとっては非常に飼いやすく、しつけやすい。これが人気の理由の1つだと思います。

 

ただ、トイプードルとの生活においてその賢さがアダになることもあるんです。

 

お利口なトイプードルは従順なパートナーになりやすいですが、逆に相手を見て自分の行動を判断することができる犬種だとも言えます。そういった判断ができる犬種なんですね。

 

飼い主さんとの主従関係が上手く構築出来ていないと活発な性格が手がつけられないほどの「わがままな行動」に姿を変えてしまうこともありえます。

 

だからこそ、幼い頃からのしつけの必要性が非常に高い、それがトイプードルというワンちゃんなんですね。逆にここをしっかりクリアすることができれば、その賢さのおかげで、その後のしつけは他の犬種と比べても非常に進みやすくなると思います。

 

おりこうなトイプードルのしつけは子犬のうちからしっかりと

舐められない!主従関係をしっかり構築

犬種にあったしつけのコツ

室内犬(トイプードル)のしつけ方は大丈夫?

やはりまずはトイプードルという犬種の賢さを意識しておくことが大切です。

 

その賢さからか、トイプードルは飼い主さんの喜怒哀楽といった感情にとても敏感な子が多いように思います。特に飼い主さんが喜ぶ様子に自分もとてもうれしく感じている。そういった振る舞いを見せてくれることが多いですね。

 

ですので、たとえば遊びの中などでもしっかりとふれあい、コミュニケーションを取ることで、嬉しいという感情をしっかりと褒めてあげながら伝えてあげることを意識してみてください。

 

また、相手を見て多くのことを判断できるおりこうなトイプードルには、出来たときはしっかりと褒める。ダメなときにはハッキリ毅然と「それはダメなんだ、通用しないんだ」ということを伝えてあげてください。

 

良いことも悪いことも、それを正しく伝えてあげれば、賢いトイプードルは比較的すぐにそれを理解してくれるでしょう。

 

おりこうなトイプードルは理解が早いです。

主従関係ができたあとは「良いこと・悪いこと」をハッキリと!


要しつけ!気をつけたいトイプードルの問題行動

トイプードルの問題行動

一般的な飼い犬に見られる問題行動の中でも特にトイプードルという犬種、性格からくるものを挙げてみます。

 

おりこうで記憶力も高いトイプードルですが、他方で活発な性格が悪い方向に向かうと落ち着きがない子になってしまったり、簡単に興奮して無駄吠え・吠え癖がつきやすい傾向もあるようです。

 

そのほかにも・・・

 

噛み癖

トイプードルは非常に好奇心が旺盛な子です。特に子犬の頃は眼の前にあるもの何にでも興味を示し、それが何かを確かめるためについつい甘噛みする癖がつきやすいです。

 

これをそのまま放置してしまうと1歳を過ぎた頃からの本気噛みの癖はなかなか治すことができません。そうなると手がつけられない子にもなりかねませんので、子犬時代のしつけはしっかりと。

 

お留守番が苦手

トイプードルが元気に振る舞う様子はほんとうに可愛いですね。でも、そんなトイプードルも飼い主さんへの依存度が強くなりやすい傾向にあります。おりこうなトイプードルはその分、不安に対しても敏感になりがちです。はやくから一人での留守番に慣れてもらうための対策が必要ですね。


まずはここから。トイプードルに必要なしつけ

室内で私達と一緒に暮らすことになるトイプードルです。やはり、トイレトレーニング、おしっこの練習は早めに行ってイキたいですね。その他、「待て」や「噛み癖」、「無駄吠え」のしつけはトイプードルの性質、性格上早めに取り組んでおきたいところです。

 

これらにトイプードルのためのしつけの方法についても当サイトにて順次解説させていただきますね。

しつけはいつから? トレーニングの開始時期

トイプードルのお母さんの子犬たち

どんな犬種であれしつけの開始は早いほうが良いのは確かです。それは当然、トイプードルであっても同じですね。ですが、しつけの開始時期は犬種毎に適した時期がある、ということを知っておくことも大切です。

 

トイプードルの場合ですと「生後3ヶ月」の時期が1つのポイントになってきます。

 

トイプードルを始めとした小型犬は生後4ヶ月くらいから反抗期に入ってきます。それまでにできるだけ多くの人間、他の犬、そして「人と一緒に暮らしていくためのルール」に慣れさせておくことが大切です。

 

本格的なしつけは生後5,6ヶ月目からスタートすることになります。それまでにしっかりと飼い主との信頼関係を築き上げておきましょう。また、成犬をしつける際のポイントなどについてもまとめさせていただきます。


トイプードルの特徴

一般的なトイプードルの様子

ぬいぐるみのような愛らしさの中にも高貴さを感じさせるその容貌から人気ナンバーワンの室内犬と言えるのがこのトイプードルです。また、記憶力や知能に優れておりしつけがしやすい点も人気の理由だと思います。今ではすっかり小型の愛玩犬ではありますがもともと大型の鳥猟犬であったプードルは運動能力にもすぐれ活発な性格をしています。ただ、人に対しての依存心が強いため一人での留守番は苦手な子が多いようです。

 

毛色の白、黒、茶色を中心にシルバー、グレー、レッド、クリームなどの12色。抜け毛は少ないもののカール状の被毛は絡まりやすくまめなお手入れも大切です。

 

当サイトではトイプードルの特徴や性格、種類についての情報なども引き続きお届けしていきますね。